美容外科で脂肪溶解注射の施術を受けて痩身を目指そう

最近注目されている話題の美容法

胸を大きくする施術

傷跡が残らない方法を選択する人が多くなると予想されています

美容外科クリニックで受けることができる豊胸手術は、傷跡が肌に残る方法と、傷跡が残らない方法の2種類に分けることができます。傷跡が残る方法というのは、昔からよく行われている人工乳腺バッグを胸に挿入する豊胸手術です。この方法であれば、いっぺんに2カップ以上バストアップすることも可能ですので、とにかく胸を大きくしたいという人に向いています。また、バストアップ効果に永続性が欲しいという人も人工乳腺バッグ挿入法を選択した方がよいでしょう。ただし、目立たないとは言え、必ず皮膚に傷跡が残ってしまいます。この傷跡が元で豊胸手術を受けたことがバレてしまうこともありますので、嫌がる人が少なくありません。しかし、ここ数年利用者数が多くなってきたヒアルロン酸注入法による豊胸手術を受ければ、傷跡が残ってしまう心配がなくなります。誰しも、美容外科で治療を受けたことを隠したいと考えるのが普通ですので、今後ヒアルロン酸注入法による豊胸手術を受ける人が多くなると予想されています。

脂肪注入法による豊胸手術について

ヒアルロン酸注入法と似たような種類の豊胸手術に、脂肪注入法というものがあります。これは痩せたい部分から脂肪を吸引し、その脂肪を胸に注入するという手術です。もともと自分の体にあった脂肪を注入することになりますので、アレルギー反応が起こる心配が全くありません。また、豊胸効果と同時に痩身効果も得ることができるという理由で、脂肪注入法を選択する人が増えてきています。ただし、胸に傷跡が残る心配はないものの、脂肪吸引を行った場所には小さな傷跡が残ります。また、脂肪吸引手術のダメージはかなり大きいので、ダウンタイムが長めにかかるというデメリットもあります。さらに、胸に注入した脂肪細胞がどれくらい生着するか読めない部分がありますので、医師とよく相談してみる必要があります。