会社の設立を考えているなら

頼りにする

会社設立支援サービスを提供している専門家には様々な種類があります。
具体的には、弁護士、司法書士、行政書士、税理士などをあげることができます。
それぞれ取り扱うことができる業務の範囲が法律で厳格に定められているわけですが、どの専門家も権限の範囲内で出来うる限りのサポートサービスを提供しています。
弁護士や税理士によるサポートサービスを利用すると、余計な費用がかかってしまうと考える人が少なくありませんが、長い目で見ると、有利な結果を導き出すことが可能になります。
たとえば、個人事業主が節税目的で会社設立を図るケースがよくあります。
個人事業主として事業を運営し続けるよりも、会社設立手続きを取って法人化してしまった方が節税できるシーンが増えるのは事実です。
しかし、年間の売上高によっては、期待するほどの節税効果を得ることができない場合もあります。
したがって、会社設立によって本当に節税効果を得ることができるのかどうかをきちんと見極めてから行動に移す必要があるのですが、そのあたりの判断がなかなか難しいです。
そんな時に頼りにすることができるのが、税金のプロである税理士です。
税理士は税務業務を独占的に取り扱える権限を有しています。
税法に関する豊富な知識を有している専門家ですので、会社設立によって本当に節税することができるのかどうかを正確に判断してくれます。
会社法が大改正されたことによって、会社設立手続きが大幅に簡略化されました。
ですので、専門家の助けを借りずに自分で手続きを行うことも可能です。
しかし、昔に比べればかなり簡単な手続きになったとはいえ、複雑であることには変わりありません。
したがって、日常的にそのような手続きを行っていない人にとっては、かなりハードルの高い作業になります。
本業そっちのけで法人化する手続きを行ったのにも関わらず、期待するほどの節税効果を得ることができなかったとしたら、費やした時間や手間が無駄になってしまいます。
ですので、最初から税理士のサポートサービスを利用するのが得策です。
また、税法は頻繁に改正が行われるのですが、税理士は税法の改正情報を正確に把握しています。
現在利用できる税金の優遇措置制度などを教えてもらうことができますので、とても有利です。
税金の知識を持っていない人間が、本業を遂行しつつ税法の改正情報を漏らすことなく把握し続けるというのは、ほぼ不可能です。
でも、税理士を利用すれば、負担を最低限に抑えることができるようになります。

オススメリンク

事務所で作業する

サービスの充実

会社設立した場合に適用される法人税と違って、所得税は累進課税のシステムです。
これは稼ぎが大きいほど多額の税金が義務付けられるというものです。
日本の所得税では6段階の設定がされています。
つまり稼ぎがほとんど...Read more

関連リンク

最新の投稿

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年1月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031